udonreku

udon koutei

H31.3月6日(水)介護老人保健施設サンライズ21 通所リハビリテーションにて

各グループに分かれ「うどんレク」を行いました。

うどんレクではうどん作りを通して、料理を作る楽しみとともに身体を動かしていただきました。

始める前に、しっかりと準備運動を!!

上肢・下肢をしっかり使うので怪我をしないように

 

まずはうどんを振る!!

麺を袋に入れしっかりと振っていただきます。

グループメンバーで交替して行うことにより連帯感を生み出し、上肢の運動手指の巧緻動作維持を図ります。

 

次に②うどんを踏む!!

生地が平らになるまでしっかりと踏みます。利用者さんも自ら進んで立ち上がられ踏まれていました。

この工程では、手指の巧緻性維持下肢の運動意欲の向上を図ります。

 

踏んで伸ばしたら、今度は③麺棒で生地を伸ばします。

あらかじめ伸ばす範囲を記入したシート引いて、その枠まで皆さんで協力して伸ばしていただきます。

この工程では、上肢の運動仲間との連帯感、手作りすることでの昔の料理法や経験を思い出してもらう回想法・脳の活性化

図ります。

 

ここまできたらあともう少しで完成です。

④ネギや麺を包丁やハサミで切っていきます。集中力を必要とする作業ですが、慣れた手さばきで調理されていました。

kannsei udon

各グループとも無事に麺を切ることができました。

あとは麺を茹でて盛り付けをして実食!!

udon kansei

事前の練習成果もあり、おいしくうどんを作り食べることができました。

うどんを作ることでいきいきと活動され、しっかりと身体も動かされていました。

今後も通所リハビリテーションでは、活動と参加につながるような行事を計画したいと思います。